JR熊本駅(白川口)より徒歩1分 ニューオータニホテルズ ザ・ニュー ホテル 熊本

  • 宿泊プラン一覧
  • お問い合わせ

歓送迎会プラン2018

歓送迎会プラン(3/1~4/30)

送別会や謝恩会、歓迎会など様々なシーンを彩る春の特別プランです。
卓盛10名様、立食30名様より、各種団体ご予約承っております。



★ 特別メニュー ★


 

 

¥6,200コース
北海道・枝幸町のオホーツク海産サーモンとスカロップの燻製のレモンマリネ 野菜包み とびっ子飾り
桜ロールケーキ 春苺入り

¥6,200コース(和・洋・中)
飲み放題付き

 

― 冷 製 ―
【洋】
北海道・枝幸町のオホーツク海産サーモンと
スカロップの燻製のレモンマリネ
野菜包み とびっ子飾り

【中】
豚肉の桜風味塩漬け

― 温 製 ―
【和】
鰆の若竹蒸し

【中】
鶏肉の味噌炒め

【洋】
ブラックアンガス牛ロース肉ステーキ
キタアカリポテトのロースト
北海道産生の西洋わさびを添えて

― 御食事 ―
【和】
山菜の炊き込み御飯

― デザート ―
桜ロールケーキ 春苺入り

コーヒー

 

追加メニュー

【洋】キッシュ・ロレーヌ
+600円

【洋】辛子明太子と茸のスパゲッティーニ
+600円

【和】海の幸と鶏の天婦羅
+600円

【中】上海焼きそば
+600円

【中】黒酢風味の酢豚
+600円

 



 

 

¥6,500コース
天草真鯛の昆布締めの洋風お刺身
オホーツク海産天然帆立貝柱のパンチェッタ包み バルサミコソース

¥6,500コース(和・洋・中)
【なでしこプラン】
飲み放題付き

 

― 冷 製 ―
【洋】
天草真鯛の昆布締めの洋風お刺身

【洋】
北海道・余市のトマトのスパゲッティーニ

ー 温 製 ー
【洋】
オホーツク海産天然帆立貝柱の
パンチェッタ包み バルサミコソース

【中】
ハーブシュリンプとナッツの
さっぱりレモン炒め

【和】
牛ロース肉の野菜巻き 味噌たれにて

― 御食事 ―
【和】
筍入り鶏五目御飯

― デザート ―
クレームブリュレ バニラアイス添え

コーヒー

 

追加メニュー

【洋】キッシュ・ロレーヌ
+600円

【洋】辛子明太子と茸のスパゲッティーニ
+600円

【和】海の幸と鶏の天婦羅
+600円

【中】上海焼きそば
+600円

【中】黒酢風味の酢豚
+600円

 



 

 

¥7,200コース
桜鯛の中華風刺身サラダ
赤魚と春根菜の煮付け

¥7,200コース(和・洋・中)
飲み放題付き

 

― 冷 製 ―
【洋】
熊本茄子のコンポートと馬肉のたたき
(お一人様盛り)

【中】
桜鯛の中華風刺身サラダ

― 温 製 ―
【中】
花切りイカの青高菜炒め

【和】
赤魚と春根菜の煮付け

【洋】
ブラックアンガス牛ロース肉のタリアータ
赤ワインソース ルッコラ添え

― 御食事 ―
【和】
蟹入りちらし寿司

― デザート ―
フランボワーズムース フルーツ添え

コーヒー

 

追加メニュー

【洋】キッシュ・ロレーヌ
+600円

【洋】辛子明太子と茸のスパゲッティーニ
+600円

【和】海の幸と鶏の天婦羅
+600円

【中】上海焼きそば
+600円

【中】黒酢風味の酢豚
+600円

 



 

 

¥10,000コース

¥10,000プラン
(和・洋・中 正餐)
飲み放題付き


◇ 特別オーダーメニュー ◇
 

特別な日のために、格調高い
正餐スタイルのパーティー


お客様のご要望に応じ、
旬の素材を彩り豊かに
織り込んで創りあげる
和・洋・中の正餐コースです。

品格のあるテーブルセッティング。
さらに、細やかに行き届いたサービスが、
贅沢な時間をお約束いたします。

特別な日に、心に残る優雅な
ひとときをお過ごしください。


◇ ご要望に応じてメニューを ◇
ご提案いたします

 

追加メニュー

【洋】キッシュ・ロレーヌ
+600円

【洋】辛子明太子と茸のスパゲッティーニ
+600円

【和】海の幸と鶏の天婦羅
+600円

【中】上海焼きそば
+600円

【中】黒酢風味の酢豚
+600円

 

 

 

+500円にてスイーツボリュームアップ
2時間飲み放題付き
≪よりどりスイーツ≫
+500円にてスイーツをボリュームアップできます。

女性に嬉しいパティシエ自慢の
色とりどりのスイーツをご用意いたします。


≪フリードリンクプラン≫
全プラン2時間飲み放題付き


ビール/ウイスキー/ワイン
日本酒/焼酎/カクテル/ソフトドリンク



☆+200円にて、冷酒 または
 ザ・プレミアム・モルツを追加

☆+400円にて、冷酒と
 ザ・プレミアム・モルツを追加
 また、約5種類のカクテルと
 ソムリエが選んだおすすめワインも追加


 
≪追加メニュー≫


 

このページのトップへ